キレイに長くお財布を使うための心得とは?

お財布事情

今回は皆さんが必ず持っているであろう「お財布」について書きたいと思います。

昨今は電子マネーの台頭によりカバンから財布を出す機会も減ってきてはいますが、無いと生きていけませんよね。

そこで私のの財布事情を紹介したいと思います。1度財布を購入すると4~5年は余裕で使います。

とても大事にするのですが、そのためにはある程度頑丈で長持ちする「いいやつ」をかう必要がありますよね。オシャレで安く買えるポーターの二つ折り財布を使っていた時期もありますが布製で二つ折りであるが故、痛みが早いです。

2~3年で寿命が来ますね。そこで、本革製の長財布だけを買うことにしました。

折り目からシワになったりほつれたりしないですし、お金はつねにストレートの状態を保った方が貯まりやすいなんて風水のお話もありますもんね。シップスというブランドで3万円くらいのものを買いました。

重要なのはジップ式ではなくボタン式であること。会計のたびにジップを「ジッジッ」と開けるのが非常に煩わしいからです(笑)

ボタン式の長財布はなかなか無いので見つけるのに苦労しましたが、今ではとても気に入っています。

財布はお金を入れるために毎日持ち歩く大切なものですが、財布を見ればその人がお金に対してどのように考えているのか、そして物事全般的にどのように扱っているのかがわかるといいます。

お札を折ったりすると、良くなくてお札を折らなくてもしまえる長い財布が一番お札にとって居心地の良い環境だから、なるべく長財布を使ったほうがいいよと人に言われました。

そのため、私は長年、長財布を使っています。その上、黄色い財布は風水で良い色とされているので、黄色の長財布を長年使っています。

さて、私がお金周りが良いのかというと、おそらくどちらかというと良いほうくらいの程度です。

特別無駄遣いをすることもなく、節約をしながら毎日暮らしているので、お金を大切にしている気持がお金に伝わるのかわりとお金がいついてくれます。

ただ、財布の中の整頓があまりできていないため、せっかく長財布でお金の居心地の良い場所がたまに雑然としていることがあるので、もう少し金運を上げるためにこまめに財布の中のレシートを処分し、きれいにしておこうと思います。

シーンによって使い分ける財布

出かける場所によって使う財布が変わってくると思います。
ちょっと近所のコンビニまでお菓子を買いにいくなら、小銭入れで充分だと思いますし、ポケットに入る小さなガマ口財布でも、手ぶらで行けていいと思います。

でも、友達とお出かけの時は、ちょっと可愛いカバンに、長財布か、三つ折り財布を入れたいところです。

食事や、買物で会計する時に、ガマ口財布や小銭入れでは、笑われてしまいそうだからです。
そんな日は、ちょっとだけ高そうな財布を持ちたい気分になります。

札入れは、男性が持つと、ちょっとカッコよく見えますが、小銭入れも別に必要になってくるので、結構不便な財布なのではないかと思います。

クリップでお札をはさんでポケットに突っ込んでる人も見たことがありますが、ワイルドでカッコいいけど、小銭をポケットにそのまま入れてる様子は、あまり真似したいとは思わないです。

もしも、ポケットに穴が開いてたら、小銭を落としながら歩くことになるので、やっぱり小銭も入る形の財布が一番良いと思います。

財布と風水の深い関係

大学の卒業旅行で海外に行き、帰りに現地の空港で免税店をブラブラと見ていた時、友達は色々なブランドをめぐって財布を物色していました。

風水的に、財布は3年で新しいものに変えるといいらしい、と。3年ごとにブランドものの財布を買い直すなんてぜいたくだなあと思いました。

そして一つ気に入ったものがあったようで買っていました。それから1ヶ月ぐらいして、彼女はすごく落ち込んでいました。

財布をなくしたのだと。

財布を定期的に新しくするのはいいとテレビか何かでも聞いていましたが、自分もそうするのはやめようと思いました。彼女のようになくしたらもったいない。

やっぱり長く使えるものをずーと使っているのが一番ですよね!

私は財布を買う時は白か黄色のものと決めています。

風水的にいいらしいのです。
茶色い財布を使っていた時より金運がいいのかは確かではありませんが、明るい色の財布を持っているとなんとなく気分も上がるし、財布自体もかわいく見えるので、気に入っています。

持つなら長財布?折りたたみ財布?

最近今使っている財布がボロボロになので財布を買い替えようか検討中なのですが。

そこで個人的にきになるのは長財布か折りたたみ財布か、どっち派が多いのかということなんです。

我が家では長財布派が2人、折りたたみ財布派が2人で拮抗しています。

私はは折りたたみ財布派で昔から折りたたみ財布しか使った事がありません。

長財布ってポケットに入らない、というのが折りたたみを選ぶ一番の理由です。

長財布を無理やりポケットに入れて3分の1くらい顔が出てる人とかいるんですが、あれは不安にならないのかな?落ちそうじゃない?と心配になります。

ただ金運的には紙幣は折らないできれいなままがいいと言いますし、男性が長財布のかっこいい渋い財布を使っていたらかっこいいなーと最近思い始めて揺れています。

今も折りたたみを鞄に入れてる場合もありますし、ポケットに入れる発想はやめて長財布デビューしてみようかな!とも検討中です。

革の財布を買う際には

革の財布というと、高級感がありますし、使えば使うほど手に馴染むものです。色も良い感じに変わるので、長く使えば使うほど味の出る財布と言えるでしょう。

注意としては種類が非常に多く、値段にもかなりの違いがあるということです。

イメージ的には二つ折りより長財布の方が高い気もしますが、実際にはそういった差異は無いありません。

長財布が一時期流行った影響もあって、各所でピックアップされただけです。基本的には好みで選ぶのが良いでしょう。ちなみに革の財布のみを扱っているオンラインショップもあります。

手に直に触れてから買うことは出来ませんが、オンラインショップの方が好みにあった財布を探しやすい事もあります。

もちろん革の種類にも違いがあるので、気になる人は種類から調べて買うのも良いでしょう。
サイズは男性向け、女性向けで違いますし、独特なデザインな物もあります。

色の薄い財布でも革の場合は使っていると濃い色になります。でも革製品だからこそ手入れも重要になってくるのです。
参考:本革財布

防水スプレーをしておくだけで保ちが変わってくる革製品は手間もかかりますが長く使えるメリットもあるので断然オススメです。

味も深みもます革財布にはいつも魅了されてしまいます。

財布の重要性

20代後半の私が今使っている財布は大学卒業の記念に自分へのご褒美として買ったブランド物の長財布ですが、財布にはお金をかける価値があると考えています。

中学生の頃に友人が「俺は3万円の財布を使っている」と話していたのを聞いて、財布なんかにそんなにお金を使ってバカだなぁと思っていましたが、この歳になると財布はお金をかける価値のあるものだとわかるようになりました。

その理由としては、同じように見える長財布でもブランド物と安い財布では質も見た目も全く違うからです。

安い財布は見た目も安っぽさが明らかで、使っているとすぐにボロボロになるので質も悪いですが、高価な財布は頑丈で見た目も良く、ファッション性がありますブランド物は持っていると気分も良くしてくれて、自信も持てるようになりますし、大事に使おうという気にもなります。

社会人になってから財布にお金をかけている友人もたくさんいて、私の考えていたことは間違っていなかったんだなと実感しました。

財布の種類で言えば、長財布をずっと使っています。ズボンのポケットにすっぽり収まりますし、お札も曲がらないので気に入っています。

小銭が多いときは小銭入れも別に持ち歩くようにしています。

長く使い続けるには?

お財布は毎日使うアイテムです。
でも、お金を入れるので汚れも気になります。
大切に使っていてもへこたれてしまうものです。

高いものを買うべきか、手頃な値段で買い換えて楽しむほうがいいのか
ときどきなやみます。

お会計の時にブランドのお財布をちらっとみると、なんとなくお金いっぱい入ってそうに感じます。

でもお財布だけが豪華で、ほかはそうでもない人もいます。

そんな時はこの人はお金に執着の強い人なのかな?とかもおもいます。
最近はブランドをもっているほうがちょっとダサいイメージがあるので
おもむろにブランドがわかるお財布を持つのは恥ずかい気もしますが。
長財布にするか、二つ折りにするかも悩みます。

わたしは手が小さいのと、かばんが小さいのが好きなので二つ折り派でしたが、
お札は折ってはいけないときいて、一度は長財布もつかってみようかと
今ははじめて長財布つかっています。

どちらにもそれなりの良さがあります。
主人は小銭は小銭入れに、お札カードは二つ折りにとめんどくさいのに2つ持っています。
毎年買い換えるほうが金運があがるといいますが、
良い革のものを使うといい味が出てくるのは2,3年後からだと思います。

お財布を買いたいなと思うときは飽きたということより壊れたから、汚れがどうしようもないからという感じなのでわたしは使い倒すタイプの人かもしれません。

そこまで風水で金運アップの色の財布をわざわざ買わないとと思うタイプではないです。
知り合いがイタリアのおみやげでもらった革の小銭入れをボロボロに成っても大切につかているのをみてこういうのもいいなと思えました。

でもお手入れしてあげたらイタリアレザーだし艶が出て良い味でたのに、ケアはしてなかったのは残念でしたが。

わたしはそれを保湿クリームなどで拭いてあげましたが、もう手遅れでした。
その人はまだ大好きだからと使っています。

わたしも良い革のお財布を大事につかって育ててみようかな?という気持ちになりました。

もしいまのが壊れたらそんなお財布に出会えるといいなと思います。

辿り着いたのは長財布

私は誕生日の旅にお財布が欲しくなります。昔の彼氏にお財布をプレゼントされて嬉しかった思い出と、もっと使いやすい財布はないかなと思うからです。

ガマグチ財布、二つ折財布、小銭入れ、と色々な財布を使ってきましたが、いま辿り着いたのは長財布です。

長財布のメリットは、お札が綺麗に入ること、結婚式前でも新札を綺麗に保管して祝儀袋に入れられる、レシートももらったままの長さで入る、幅が広いので小銭も見やすい事です。

逆にデメリットは長い。ただそれだけです。あの長さだとちょっとの買い物で外へ出る時に困ります。

ポケットに入らないので結局カバンを持つ事になります。持っているショルダーバッグはかなり小さめなので、少しのお出かけ、子どもと公園などでもリュックをもったり、財布から小銭を取り出してポケットにいれて移動することもあります。

紆余曲折しましたが、いままで使った経験から言うとやらり長財布がいちばん使いやすいですね。

やっぱり長財布がほしいのです

お財布はお金を入れておく大切な場所です。ですから、どのようなものを選ぶかによって金運が変わってくるのではないかと思っています。

私は今、折り曲げて使うタイプの財布を使っていますがどうも、金運が良くないように感じています。

要するにお金の貯まりが悪いのですよね。もっと簡単にお金が貯まらないものかと毎日考えています。お金が沢山あったら美味しいものを食べたり、欲しいものを買うことが出来ます。ですから、どうにかして金運を上げたいのです。

実際に、長財布が良いという話を聞きます。この財布はお札を折り曲げないでまっすぐなまま入れておくことができるからです。このような小さな心構えでもお金についての運は変化するかもしれません。蛇の抜け殻を財布の中に入れるといいとも言いますね。

小銭いれなどを別に用意しても良いかもしれません。いずれにせよ、財布は毎日使うものですから高品質なものを用意したいです。

しかし財布にお金をかけすぎて、手持ちのお金がなくなることは避けたいものです。